目の下のたるみ解消マッサージ・体操

目の下のたるみの原因として、目の下の筋肉の衰えと、それがまた原因として起こる血流の悪化があります。

これらを解消するためには、やはり顔の筋肉をしっかりと普段から体操などで鍛えつつマッサージで血流を良くする必要があります。

この体操やマッサージはもちろん手術ほどの即効性はありませんが、目の下のたるみの予防・対策としては非常に大事になってきます。

目の下のたるみを取るための手術を受けた人もしっかりと先生からこの体操の方法などは教わってくるそうですよ。

この体操・マッサージは決して難しくも大変でもありませんが、やはり毎日のこととなると継続するのは極めて困難になってきます。

まずは3ヶ月ほどこれらの体操をしっかりと続けて、やらないとちょっと落ち着かないくらいの習慣として身に着けてしまいましょう。

マッサージ・体操の方法

目の下のたるみを解消するために顔のマッサージは有効となってきますが、ここで注意していただきたいのは目の下の部分は直接マッサージしないということです。

というのも目の下の皮膚は非常に敏感でしかも薄くなっていますので、そこを直接マッサージしてしまうと逆にたるみを悪化させてしまう恐れがあるためです。

目の下のたるみ解消のためには、顔全体をマッサージする。

まずはこのことを覚えておきましょう。

【マッサージのやり方】

  • 額の中心から両手の指の腹で螺旋を描きながらこめかみにむかってなぞる。
  • 唇の上の中心部から両手でこめかみの部分までなぞる。
  • 唇の下の中心部から両手でこめかみの部分までなぞる。
  • あごの先端からあごのラインに沿ってこめかみの部分までなぞる。

これらの動作を5,6回ほど繰り返します。

【体操の方法】

目の下のたるみ解消のための体操として、口を大きく開けながら「あいうえお」を5回程度言う(実際に声に出さなくても良い)というものがあります。

この体操を行うときに、なるべく目の下に意識を置くようにしてみてください。

実際にこの体操はやってみると分かると思うのですが、確かに目の下の辺りがちょっと張った感じになります。

これらのマッサージは目の下のたるみだけでなく、顔やせのためにもなりますので、是非毎日とは言わなくとも、なるべく定期的に行うようにしてみてくださいね。



サブコンテンツ

このページの先頭へ