目の下のクマとたるみの関係

目の下のたるみと目の下にできるクマなどは似ているようで全くの別物なのですが、普段から目の下にクマができやすいという方はその後にそれがたるみとなってしまう可能性もありますので、日頃からしっかりとしたケアが必要となってくる場合もあるでしょう。

クマなどは目の酷使による疲労によって、目の周りの血行が悪くなり、その結果として脂肪が増加したり溜まった血流が皮膚から透けて見えてしまうことが原因とされています。

血行不良などももちろん問題なのですが、注目したいのはこの脂肪の増加ですね。

この脂肪の増加は太ったというものよりも、むしろ水分がたまってしまうことによってできるむくみと言ったほうがその表現は正しいかもしれません。

むくみは一時的なものとはいえ、それを何度も繰り返してしまうと当然それも癖になってしまい、その結果として目の下のたるみもできやすくなるというわけです。

普段から仕事に忙しいという方にとって、目の下のクマなどはもう避けられないものとなっているとは思いますが、できるだけ十分な睡眠時間をとったり、それができなければ顔の全体のマッサージを毎日行うなど、なるべくこういった対策は継続的に行うようにするようにしましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ