割り箸を使った顔の矯正法

顔のゆがみの矯正に割り箸を使った簡単な方法があると聞き、早速食いついてみました。

顔のゆがみは歯の噛み合わせが悪いことが原因となることがある、ということで、割り箸を使ってその噛み合わせを矯正していこうというものですね。

やり方は非常に簡単で、用意するのは一対の割り箸。
そしてそれを横にした状態で両側の奥歯で噛みます。

よく忍者の漫画などを見ていると、忍法を使うときなどに巻物などを口に加えますよね。

その状態を思い浮かべるとイメージしやすいかもしれません。(特に忍者ハットリ君世代。)

そうすることであごが強制的に平行になっていき、その結果顔のゆがみも矯正されていくという論理です。

実際にやってみるとこれって確かに簡単な方法なのですが、10分程度も続けていると段々とあごが辛くなっていき、しかもよだれが垂れそうにもなってきます。

意外と中々の過酷な作業なのですよ。

しかしこの方法は結構昔から伝えられているような方法らしいですので、やってみる価値は十分あるでしょう。

お茶目な私は割り箸を咥えながら、忍法を唱えるポーズをとっていたら、しっかりと家族に見られて失笑されてしまいましたが、これも一つやってみてはいかがでしょうか。



サブコンテンツ

このページの先頭へ