筋肉太りと足やせ

足が太い原因の一つとして、昔激しいスポーツなどをしていて、それをやめることによってなってしまう筋肉太りというものがあります。
これはよっぽど昔鍛えていないと中々ならない太り方だそうですが、それこそ本格的に足を鍛えてきた人にとっては無縁の話ではないでしょう。

私の友人も下半身太りで悩んでいるのですが、彼女の場合昔部活でバレーボールをしていて、自分の体重と同じバーベルを持ちながらスクワットをしていたと言っていましたので、恐らく彼女の場合は筋肉太りの可能性が高いでしょう。

筋肉を使わないようになったのなら、逆に足は細くなるんじゃないの?
と何となく私も思ってしまいますが、この筋肉が脂肪に変わることによって逆に足が太くなるそうなんですね。

しかし筋肉が脂肪に変わったとはいえ、足がかちかちに固いのがこの筋肉太りの特徴のようです。

足やせの中でも一番解消するのが難しいとされるのがこの筋肉太りだそうですが、かといって足やせのためにするべきことはほとんど変わりません。

単純に言ってしまえば、また筋肉を増やして代謝を上げ、付いてしまったぜい肉を燃焼するというものです。

しかしここで注意したいのが、運動をするとは言っても、極端に足に負荷をかけるのではなく、徐々にゆっくりと足に負荷をかけていくことが大事だということです。

短時間の全力疾走をするのではなく、ほとんど自分に負荷が掛からないジョギング程度の運動というと一番分かりやすいでしょうか。

このような運動の質でつく筋肉の質って変わってくるんですよね。
全力疾走をした場合、足には固くて太い筋肉が付いていきます。
逆にジョギングの場合は細くてしなやかな筋肉が付いていきます。

シェイプアップに必要なのはどちらの筋肉かというのは一目瞭然ですよね。

こうした筋肉太りの人だけでなく、足やせを目指す人はこのジョギングなどで得られる筋肉をつけることで、非常に素早くそして簡単に足やせは達成することができます。

ジョギングだけでなく、様々な方法でこの筋肉はつけることができますので、できれば毎日とは言わないまでもしっかり長期間継続的に行うようにしましょう。



このページの先頭へ