毎日のウォーキングでできる簡単足やせ

足やせ ウォーキング

人間普通に生活をしていれば歩くというのは必ずする動作でもあるでしょう。
そしてどうせ毎日やることならば、同時に何か自分のためになるようなこともできればそんな素晴らしいこともありませんよね。

そんな理由でお勧めしたいのが、つま先でなくかかとをつけるというウォーキング法です。

普段歩くときに着地する足のことを考えたことのある方も少ないかもしれませんが、この足が着地するときにちょっと気を配って、つま先は足の裏ではなく、なるべくかかとから着地するように気をつけてみてください。

なるべく足はがに股でも内股でもなく、体としっかりと垂直になるようにします。
そして膝を曲げずに、伸ばした状態で上げた足をかかとから着地させるようにします。

普段歩いているときになるべくこのことを意識してみてください。

ちょっとこの歩き方をしてみると分かると思うのですが、この姿勢で歩くというのは傍目から見ると非常に姿勢が美しく綺麗なのですが、結構足の筋肉にはきます。

太ももの裏辺りとお尻の辺りが軽い筋肉痛のようになったりするんですね。

しかしそれだけこの歩き方によって今まで使われていなかった筋肉が使われている証拠でもあります。

この歩き方をできるだけ実践することで、歩くときの姿勢が綺麗になりますし、何より足やせができます。
最初はちょっときついこの方法ですが、最初に頑張って行うと結構すぐに慣れてしまうものでもありますので、是非普段から積極的に行うようにしてみてください。



このページの先頭へ